jin_header_2400_500_for_athapae
アプリ

Macで動画から静止画を任意の秒ごとに自動抽出する方法を徹底解説

eyecatch_動画から画像抽出
困ったさん

Macで動画を1秒ごとに画像にして保存したい!

困ったさん

セミナー動画に写っているスライドをたくさん静止画で保存したいな…

あたぱえ秀丸

そんな時は「Video to Image Converter」っていう
無料のソフトがオススメだよ!

この記事がオススメの方
  • Macで動画を静止画に書き出したい人
  • 動画の一部の期間、または全部を任意の秒数で画像化したい人
  • セミナー動画や、解説系Youtubeのスライドを静止画にしたい人
要約すると…
  • Macは「Video To Image Converter」を使用する
  • 任意の時間(1秒・5秒など)で動画から画像を連続抽出できる
  • Windowsの場合は、別記事で!

結論:Video To Image Converterを使用する

あたぱえ秀丸

動画から画像を抽出している様子を確認しましょう!

2分の動画を10秒ごとに画像抽出している様子

「Video To Image Converter」とは?

「Video To Image Converter」は、任意の秒ごとに動画から静止画を抽出できるMac用のアプリです。

指定できる動画のファイル形式は

  • MOV(.mov)
  • MP4(.mp4)

抽出できる静止画のファイル形式は

  • MP (.bmp)
  • JPG (.jpg)
  • PNG (.png)
  • GIF (.gif)
  • TIFF (*.tiff)

となっています。

難しい操作もなく、誰でも簡単に出来ます。


Video To Image Converterの特徴

Video To Image Converterの特徴は以下の5つです。

  1. 無料で使える(ロゴの透かしが入る制限有り)
  2. 自動で抽出してくれる
  3. 任意の秒ごとに指定できる
  4. 抽出開始時間と終了時間が選べる
  5. インターネット不要(オフラインで使用可能)

Video To Image Converterの画面説明

画面説明

次に、「Video To Image Converter」の画面を説明します。

使用する際の重要点には下線を、変更出来るものには * を、つけています。

Video To Image Converterの画面説明
英語説明(日本語訳)
Select Video File (画像を抽出したい)動画を選ぶ*
Path 動画の保存先と動画の情報
Open File(選んだ)動画を開く
Menuメニューを開く
Registration…(有料版に)登録
Output File Format抽出の際の画像形式*
(Export) From抽出する動画の開始時間
(Export) To抽出する動画の終了時間
Export Every (Seconds)何秒ごとに画像を抽出するか*
Exported Image Size (%) 抽出の際の画像サイズ*
Max Rows in Video Wall最大列数*
Auto Delete
Consecutive Duplicate Images
連続した重複画像の自動削除
Export Images画像を抽出する
Last Folder保存先のフォルダ
Export Wall出力した静止画の名前

Video To Image Converterの使い方

Video To Image Converterは以下の流れで使用します。

Video To Image Converterの使用手順
  1. 「Video To Image Coverter」をダウンロード
  2. 「Video To Image Coverter」を立ち上げる
  3. 画像(静止画)を書き出したい動画を読み込む
  4. 書き出しの設定をする
  5. 静止画の確認をする

それぞれ個別に解説します。

①「Video To Image Coverter」をダウンロード

まずは、以下のリンクから「Video To Image Coverter」をダウンロードしましょう

Download(zipファイルのダウンロードが始まります)

「Video To Image Coverter」はインストールしなくても使えます。

しかし、使うたびに逐一フォルダから探して、立ち上げるのが面倒だと思う人もいると思います。

そうした場合は、zip解凍後に出てくる「Video to Image Converter.app」を「アプリケーション」に移動させましょう

②「Video To Image Coverter」を立ち上げる

ダウンロードしたZipファイルを解凍後、中にある「Video to Image Converter.app」を立ち上げます。

③画像(静止画)を書き出したい動画を読み込む

「Select Video File」をクリックして、静止画を抽出したい動画を選びます。

④書き出しの設定をする

書き出す前の設定画面

動画を選択したら、書き出す前に、以下の設定をします。

  1. 画像ファイル形式(JPG/PNG/TIFF/GIF/BMP)
  2. 画像を抽出したい動画の開始時刻と終了時刻
  3. 何秒ごとに画像を抽出するか

⑤抽出した静止画の確認をする

デフォルトでは、「ピクチャ」→「Video to Image Converter Files」に保存されます。


画像抽出開始時に、動画ファイルから画像を抽出したフォルダが自動的に開かれ、抽出された静止画(画像)を閲覧できます。

抽出処理が完了すると、抽出処理の完了を知らせるメッセージボックスが表示されます。

「Video to Image Converter」のメイン画面で「Last Folder」ボタンをクリックすると、静止画が抽出され保存されたフォルダーを開くことができます。

任意:オプションの設定

Open Fileの隣にある「Menu」ボタンを押すと、オプションとして、より細かな設定が出来ます。

設定可能なオプションは以下の通りです。

オプション

Menuの画面説明は以下のとおりです。

Menuの画面説明
英語説明(日本語訳)
Append Name抽出した画像にビデオファイル名を追加
Append Video Time抽出した画像のファイル名にフレームタイムを追加
Export Images in Grey Scale抽出した画像をグレー色で保存
Select Folder抽出した画像の保存先
Frame Rate for Video Exported from Images画像を抽出する

オプションを反映させる際は、最後に右下の「OK」ボタンを押しましょう。

Video To Image Converterの注意点

無料で利用できる「Video To Image Converter」ですが、いくつか注意点があります。

  1. 「Video To Image Converter」は日本語非対応
  2. 無料体験版では、抽出画像にロゴが付く
  3. ロゴを解除するには、6.99US$の有料版(買い切り)にする必要あり

まとめ:Macで動画から画像を任意の秒ごとに抽出する方法

Macで、動画から任意の秒ごとに静止画を抽出する「Video to Image Converter」について解説させていただきました。

オンラインセミナーや、解説系のYoutubeで、スライドが多く使われている動画を、静止画として多数抽出する時に役立ちます。

あたぱえ秀丸

ちなみに、Windowsで同じことをしたい場合は「Free Video to JPG Converter」がオススメです!

ABOUT ME
あたぱえ秀丸
90年生まれ。東京都出身。 ■新卒海外就職(ベトナム・カンボジア) ■世界一周達成(35ヶ国/2019年9月~2020年3月) ■会社員×個人事業主 ■HP制作/動画編集/デジタルコンサルタント ■好きなもの:効率化/ガジェット/旅 ■嫌いなもの:人が多いところ/行列/待つこと