jin_header_2400_500_for_athapae
アプリ

【Brave】Youtube広告無料スキップできる最強ブラウザを徹底解説

eyecatch_brave
この記事の要約(結論)
  1. Braveは最強のブラウザソフト(アプリ)
  2. サイト表示速度No.1
  3. 無料でYoutubeプレミアムと同じ機能が使える

最強ブラウザ「Brave(ブレイブ)」とは

「Brave(ブレイブ)」は、以下の理念に基づいて作成されたブラウザソフト・アプリです。

インターネットをもっと素晴らしく
そのために、ブラウザがどうあるべきかを考え直しました。

ユーザに力を取り戻していただくことが必要です。広告トラッカーをブロックすることで、最高のスピードとセキュリティを実現、プライバシーを保護します。さらにプライバシーを重視した新しい広告モデルで報酬を得ていただき、パブリッシャーがフェアな収益を得られる仕組みを提供します。

Brave -公式サイト

「Brave(ブレイブ)」の特徴|最高速のブラウザ

「Brave」は標準機能として広告ブロック機能を有しており、余計なダウンロードをなくすことで、より高速にウェブページの表示ができるのが最大の特徴です。

スマートフォンで、アメリカの大手ニュースサイトを表示する場合、SafariやGoogle Chromeと比較して約2~8倍高速で表示されたようです。

また、パソコン版でもGoogle Chromeと比較して、約2倍速くなったというデータがあります。

引用元:角川アスキー

広告ブロックプラグインとの違い

GoogleChromeやFirefoxなどの、既存のWebブラウザでも、広告ブロック機能を有する拡張機能(プラグインまたはアドオン)を利用できます。

しかし、拡張機能という立場上、ブラウザ開発元によるテストは行われず、Webページを表示するときに、ブラウザの内部処理と拡張機能の処理が競合して、遅くなる問題があると言われています。

また、広告ブロックの拡張機能であっても、アドオン開発元のスポンサー企業の広告はブロックされませんが、「Brave」の場合、広告を選定せず標準で機械的にカットしているため、無駄なダウンロードを抑えられるようにしているそうです。

そのため、拡張機能をつけたWebブラウザよりも、高速で表示することができるんですね。

ウェブ閲覧で報酬(仮想通貨 BAT)を獲得

現在、Braveを使ってブラウジングするとBATという独自の仮想通貨をもらえる仕組みとなっています。

スマホ版|「Brave(ブレイブ)」のメリットとデメリット

スマホ版の「Brave(ブレイブ)」のメリットとデメリットを紹介していきます。

ホームページ・サイトの高速表示以外については、先述している通りなので、

それ以外を解説していきます。

「Brave(ブレイブ)」のメリット

Youtube Premiumが不要になる

日本だと月額1,180円で加入できる、Youtube Premiumですが、Braveを使えば加入不要になります。

Youtube Premiumの機能といえば、

  1. 広告なし
  2. バックグラウンド再生
  3. オフライン再生
  4. 一時保存機能の拡張
  5. YouTube Music Premium
  6. YouTube Originals
  7. YouTube Kids

よくYoutubeを利用する人にとって、重要なのは①の「広告なし」機能でしょう。

Braveを使用するだけで、上記の①、②が無料で自動的に利用できてしまいます。

バックグラウンド再生も可能

Breveでバックグラウンド再生をする時のコツとしては、

データ通信量の節約(ギガ節約)

強力な広告ブロックのおかげで、Braveでは、広告分のギガを消費しないようになっています。

そのため、月ごとに決まっているギガ容量を節約することもできるので普段使いにもオススメです。

角川アスキー総合研究所が実施した調査で、Braveが表示速度において最速のブラウザであるとの結果が出されました。

株式会社角川アスキー総合研究所(本社:東京都文京区 代表取締役社長:加瀬典子)は11月4日、「スマホで のコンテンツ視聴に占める広告の比率調査」および「ブラウザーアプリによるWeb表示速度の調査」を実施し、その結果を発表しました。

Braveが表示速度において最速のブラウザであること、そして主要サイトの閲覧において、約4割のデータ通信量の節約に繋がることが証明されました。

引用元:CNET-JAPAN『「ブラウザーアプリによるWeb表示速度の調査」でBraveが最も読込速度が速いブラウザに選ばれました』

「Brave(ブレイブ)」のデメリット

表示がバグるときがある

強力な広告ブロック機能のせいで、ホームページの表示が崩れてしまうことがあります。

表示が崩れているだけで、特に大きな影響はありませんが、興味のあるホームページなどを見る際は、Braveではない別のブラウザアプリを使うのが良さそうです。

パソコン版|「Brave(ブレイブ)」のメリットとデメリット

「Brave(ブレイブ)」のメリット

Google Chromeのプラグインも使える

BraveではGoogleChromeと同じプラグイン(拡張機能)を使うことができます。

プラグインを使うためには、Braveでchromeウェブストアに行き、インストールしたいプラグインを選択しましょう。

「Brave(ブレイブ)」のデメリット

表示がバグるときがある

Braveは強力な広告ブロック機能を備えているため、商品画像や広告が多いホームページ等は、画面表示が崩れることがあります。

Braveのダウンロード・インストール方法

パソコンの場合

以下のリンクをクリックして、まずはBraveをダウンロードしましょう。

ダウンロード後、ダウンロードしたファイルをクリックし、インストールしましょう。

スマートフォンの場合

以下のリンクをタップして、スマートフォンにBraveをインストールしましょう。

Brave - 広告ブロック・ウェブブラウザアプリ

Brave – 広告ブロック・ウェブブラウザアプリ

Brave Software無料posted withアプリーチ

スマホのオススメ設定

androidの場合|ホーム画面に追加

Youtubeなどのよく使うサイトをBraveで開き「ホーム画面に追加」しておきましょう。

iPhoneの場合|お気に入り登録しておく

iPhoneの場合、「ホーム画面に追加」の機能がSafari(iPhoneの標準ブラウザ)でしかできません。

そのため、BraveでYoutubeのサイトを指定しておく「ホーム画面に追加」はできませんが、

Brave上にてよく使うサイトをお気に入り登録しておきましょう。

そうすることによって、Braveを立ち上げたときや、新規タブを開いた際に、

よく使うサイトがアイコン表示され、すぐにアクセス出来るようになります。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

最強ブラウザの「Brave(ブレイブ)」についてまとめさせていただきました。

ここまで紹介した機能が全て無料で使えるなんて、素晴らしいの一言ですよね。

ぜひ、パソコン・スマホ初心者から上級者まで使ってもらいたいブラウザです。

ABOUT ME
あたぱえ秀丸
90年生まれ。東京都出身。 ■新卒海外就職(ベトナム・カンボジア) ■世界一周達成(35ヶ国/2019年9月~2020年3月) ■外国人雇用管理のアドバイザー ■Webデザイナー/動画編集/プログラミング ■好きなもの:効率化/ガジェット/旅 ■嫌いなもの:人が多いところ/行列/待つこと