カンボジア

【2020年1月最新】ベンメリア遺跡がアンコールチケット必須に!【要注意】

eyechach_bengmelea_ticket
旅人A

ベンメリア遺跡って5US$のチケットじゃなくなったの!?

あたぱえ秀丸

2020年1月1日からルールが変わって、アンコール共通入場券(アンコールパス/アンコールチケット)が必須になってしまいました。。。

アンコールワットから東に40km離れた場所にあるベンメリア遺跡(Bengmelea)。

「天空の城ラピュタ」のモデルとも言われている、旅行者に人気のスポットです。

通常、ベンメリア遺跡は入場料5US$で、入れるのですが、何と2020年1月1日よりアンコール遺跡入場券が必須という発表が政府より発表されました。

bengmelea_document

しかも、発表されたのは2019年12月27日時点という。。。。

突然大きなことが決まるのは海外あるあるですが、お上に逆らっても何もいいことないので、仕方ないでしょう。。。

アンコール入場券のメリット・デメリット

これによって、考えられる影響(メリット・デメリット)は以下の通りです。

考えられる影響
メリット
  • 3日券や7日券を考えている人にとっては元々の入場料5US$を払わなくてすむ
  • アンコールワットの朝日を見て、そのままベンメリア遺跡に行きたい人
デメリット
  • アンコールワットをすでに見ていて、ベンメリアだけを見たい人でも、アンコール遺跡入場券(最低37US$~)を買わなければならない。
  • パッケージツアーなどですでにベンメリア遺跡入場料込でツアー代金を払っている人

といった感じです。

アンコール遺跡入場券自体が、世界遺産の中ではかなり高額なチケット料金になっているので、ベンメリアのためだけにアンコール遺跡入場券を買わないといけなくなるのは、辛いところですね。

アンコール遺跡入場券とは

アンコール遺跡入場券はアンコール遺跡群に入るために必要なチケットのことです。

アンコール遺跡入場券は共通入場券となっていて、「東洋のモナリザ」で有名な「バンテアイ・スレイ」、「水中遺跡」の「クバール・スピアン」、「アンコール以前の都」である「ロリュオス遺跡群」などの郊外スポットも訪れることが出来ます。

今回のベンメリア遺跡はこの共通券で入れる場所の1つになったということですね。

カンボジア滞在日数と予算に余裕がある方は、ぜひ3日券や7日券を買ってみてくださいね。

ベンメリア遺跡への行き方

ベンメリア遺跡への行き方は大きく分けて以下の2通りあります。

  1. 自力で行く
  2. ツアーで行く

それでは順に紹介していきます。

自力で行く場合

自力で行く場合はトゥクトゥクをチャーターしましょう。

トゥクトゥクとはカンボジア市内を走っている荷台付きのスクーター・バイクのことです。

相場としては往復で大体25US$~35US$となっています。

トゥクトゥクをチャーターする場合は一人で乗るのではなく、複数人でシェアして乗るのがおすすめです。

ツアーで行く場合

ツアーで行く場合は、事前に旅行会社に申し込んでおきましょう。

日本語ガイドツアーの相場が大体30US$~45US$/1人あたり。

英語ガイドツアーの相場が大体30US$~45US$/1人あたり。

となっているみたいです。

まとめ

2020年1月1日というめちゃくちゃ切羽詰まっている時期に、とんでもないお知らせが回ってきました。

幸い、カンボジア現地の日本語ガイドさんから教えてもらえたので、急いで記事にまとめましたが、これからカンボジアへ旅行をする方はご注意を!

【耳寄り情報】アンコールワットのチケット有効期限が期間限定で延長に!【2020年2月28日追記】

ABOUT ME
あたぱえ秀丸
90年生まれ。東京都出身。大学卒業後、ベトナム・カンボジアの現地旅行会社に新卒入社(海外勤務)。海外生活の楽しさ・異国の文化を知ったことで、より多くの国を訪れて見たいと思うようになり、2019年9月より西廻りで世界一周開始(2020年3月まで予定)。現在は旅行会社時代に培ったエクセル・スプレッドシートの知識を活かしてリモートワーク中。2020年3月より外国人技能実習生関連の仕事を始める予定です。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です