カンボジアに関して

知っておきたいカンボジア休日・祝日一覧。日数や仏日の由来なども紹介。

アイキャッチ_カンボジア祝日・休日

海外旅行をする前に知っておきたいのが、渡航先の休日や祝日など。
 
国ごとによって異なる現地の休日・祝日事情を事前に知っておかないと旅行した際に思わぬ混雑や休みによって予定が狂ってしまうことも。
 
そこで、今回はアンコールワットで有名なカンボジアの休日・祝日に関してお伝えしようと思います。

カンボジアの祝日はいつ?


日本は1年間に16日間も祝日があり、世界中でも休日数が多いことで有名です。しかし、実はカンボジアのほうが日本よりも祝日数が多く、その数なんと27日間も祝日があります。

1月の休み・祝日

1年のはじまりでもある1月。カンボジアにも日本と同じような正月があると思いますか?

1月1日 元日(インターナショナルニューイヤー)


カンボジアには1年間にお正月が全部で3回あります。その内の1回めが所謂国際的な休日の「インターナショナルニューイヤー」です。

1月7日 虐殺政権からの開放日

トゥールスレン1
1979年1月7日にカンボジアを支配していたポル・ポト率いるクメール・ルージュが政権を崩壊し、カンボジア国民が解放されたのがこの祝日の由来です。ポル・ポトは原始共産主義の狂信者であり、その野望を実現させるために約200万人を処刑しました。
ポル・ポトについてより詳しい記事はコチラ
※土日が重なる場合は翌日が振替休日となる場合があります。

1月31日 万仏節(ミアック・ボーチャー祭)

「悟りを開いた仏陀がお寺に向かった際に、1千人を超える弟子がたまたまお寺に集まった」という逸話から伝承されている祝日です。この祝日には多くの仏教徒が寺院に参拝し、食べ物やお花をささげます。また、お寺では灯明祭りが行われます。

2月の休み・祝日

2月の休みや祝日はカンボジアにはありませんが、中華系移民が多くいる関係で旧正月には多くの中国人が観光に訪れます。

3月の休み・祝日

日本ではあまり馴染みのない休みですが「国際女性の日」と呼ばれる祝日があります。世界的に見ると有名な祝日であり、カンボジアにもこの祝日が存在します。
 

3月8日 国際女性の日(インターナショナル ウーマンズ デイ)


世界平和と女性の権利を目指す日として、世界中で行事が開催されます。由来は、1904年3月8日にニューヨークで女性労働者が参政権を要求してデモを起こしたことからと言われています。その後、1910年にはドイツの社会主義者のクララ・ツェトキンが「女性の政治的自由と平等の獲得」をスローガンに、女性の権利を訴えることになりました。

4月の休み・祝日

4月はカンボジア人にとっても最も大切な祝日であるカンボジア正月(クメール正月)があります。
 

4月14日~16日 カンボジア正月(クメール正月)

カンボジア正月
カンボジア正月(クメール正月)はカンボジア人にとって一番大切な祝日です。カンボジア正月の由来は女神デヴァターが天より地上に降臨する日であると伝えられています。カンボジア正月の期間はほとんど全てのカンボジア人が実家に帰省するため、スパやレストラン、お土産物屋などのお店も閉まってしまうので要注意です。

4月29日 仏誕節(ピサック・ボーチャー)

釈迦の誕生・悟道・入滅を記念する祝日です。”悟道”とは悟りを開くことで、”入滅”とは釈迦が死亡することを指します。

5月の休み・祝日

カンボジアの5月には国の重要な行事や国王様の誕生日などがあります。
 

5月1日 メーデー(国際労働者の日)

日本でもよく知られているメーデーは、カンボジアでも国の祝日となっています。
 

5月3日 王室始耕祭(おうしつしこうさい)

王室始耕祭(おうしつしこうさい)はその年の作物お出来具合を占うための伝統的行事の一つです。占いには、牛と7種の食べ物と飲み物が使われます。7種類の食べ物を牛の目の前に差し出し、その牛が食べたものがその年の豊作になる作物だと信じられています。
 

5月13日~15日 ノロドム・シハモニ国王誕生日

 
現在、カンボジア国王のノロドム・シハモニ国王様の生誕を記念する祝日です。国王様の誕生日は5月14日ですが、前後の日もお祝いされます。この期間は、王宮で祝典が行われ、一般家庭では国王様の写真に飾り付けをして祝われます。

6月の休み・祝日

6月は国際子どもの日とモニク前王妃様誕生日の祝日があります。

6月1日 国際子ども日

子どもたち
世界中の子どもの権利を尊重し、成長を祝う記念日です。1925年にジュネーブの子どもの福祉世界会議で制定された後、2011年から祝日になりました。この日には、子どもの権利について啓発するイベントが開催されるようになります。

6月18日 モニク前王妃様誕生日

ノロドム・シハモニ国王のお母様にあたるモニク前王妃様の誕生日です。カンボジア国内では非常に人気があります。

7月 / 8月の休み・祝日

カンボジアには7月と8月に祝日はありません。

9月の休み・祝日

9月はカンボジア憲法記念日があります。

9月24日 カンボジア憲法記念日

王宮
1993年9月23日にカンボジアは内戦を経て立憲君主制となりました。立憲君主制とは憲法に従って君主が政治を行う制度のことです。この日に新憲法が発布されたことによる、新憲法の採択記念日(祝日)です。

10月の休み・祝日

10月のカンボジアにはお盆やその他色々の記念日です。

10月8日~10日 プチュンバン

プノンペン23
プチュンバンはカンボジアのお盆のことを指します。カンボジア正月(クメール正月)と並んでカンボジアの中でも重要な行事の1つで、複数のお寺をまわり、様々なお供え物ををささげ、先祖の供養をします。もち米の団子などのお供え物を寺院の本堂に向かって投げる行事も行われます。
 

10月15日 ノロドム・シハヌーク全国王様記念日

「カンボジア独立の父」と呼ばれているシハヌーク前国王が崩御されたのが2012年10月15日です。国民全員で前国王の冥福を祈る日です。
 

10月23日 パリ和平協定記念日

1991年10月23日、パリ和平協定によってカンボジアの内戦が終結し、現在のカンボジア王国が成立したことから始まった祝日です。1970年以来カンボジアでは約20年間内戦が続いており、カンボジア国内は混乱に陥ってました。しかし、1991年のパリで開かれた会議の結果、カンボジア国内の混乱が収まったことで、現在のカンボジア王国が誕生しました。

11月の休み・祝日

11月のカンボジアには独立記念日と水祭りがあります。

11月9日 独立記念日


独立記念日はカンボジアがフランスから独立したことに由来します。第二次世界大戦後、当時のシアヌーク国王は、フランスからの独立を目指して独立運動を開始しました。当時、フランスとの交渉は長引きましたが、1953年11月9日にようやくカンボジアは独立を果たしました。この日は毎年、早朝からプノンペンにある「独立記念塔」で式典が開かれています。

11月21日〜23日 水祭り

water-festival
大地に恵みの雨をもたらしてもらうことを感謝する行事期間です。現在はメインイベントとしてカンボジア国内の各地でボートレースが行われます。首都プノンペンで行われる祭の規模が1番大きく、国内中から多くの人が集まります。最終日には先祖の供養と水神様に感謝の気持ちを込めて「灯篭流し」行われて締めくくられます。

12月の休み・祝日

カンボジアの12月は国際人権の日だけです。クリスマスを祝う文化は元々ありませんが、徐々に根付いてきます。

12月10日 国際人権の日

danang_boat
第3回国連総会が行われた1948年12月10日に世界人権宣言が行われました。そして、1950年の第5回総会で、毎年12月10日を「国際人権の日」として、世界中で記念行事を行うことが決議されました。この日には、カンボジア国内で人権に関するデモが行われます。

カンボジアの仏日

祝日とは別に、カンボジアでは「仏日」と呼ばれる日があります。仏日とは仏教用語で、仏様が光を闇に照らしてくれる日と言われています。この日はアンコールワットで最も高い場所である第三回廊に入場することができないので、要注意です。

2018年仏教の日

1月9日、16日、24日、31日
2月8日、14日、24日
3月1日、9日、16日、24日、31日
4月8日、14日、22日、29日
5月7日、14日、22日、29日
6月6日、12日、22日、27日
7月5日、12日、20日、27日
8月4日、11日、19日、26日
9月3日、9日、17日、24日
10月2日、9日、17日、24日
11月1日、7日、15日、22日、30日
12月7日、15日、22日、30日

2019年仏教の日

 

1月5日(土)、13日(日)、20日(日)、28日(月)
2月4日(月)、12日(火)、19日(火)、27日(水)
3月5日(火)、13日(水)、20日(水)、28日(木)
4月4日(木)、12日(金)、19日(金)、27日(土)
5月3日(金)、11日(土)、18日(土)、26日(日)
6月2日(日)、10日(月)、17日(月)、25日(火)
7月1日(月)、9日(火)、16日(火)、24日(水)、31日(水)
8月8日(木)、15日(木)、23日(金)、29日(木)
9月6日(金)、13日(金)、21日(土)、28日(土)
10月6日(日)、13日(日)、21日(月)、27日(日)
11月4日(月)、11日(月)、19日(火)、26日(火)
12月4日(水)、11日(水)、19日(木)、25日(水)
上記の日程ではアンコールワットの第三回廊(最も高い場所)に入れないので要注意!

 

まとめ

カンボジアの祝日は日本よりも多いのが特徴的です。それぞれの祝日には由来があるので、カンボジアに滞在する際はぜひ事前に確認してみましょう。祝日は旅行がしにくくなることがほとんどですが、あえて祝日に行われる祭事ごとに参加してカンボジアの文化を味わってみるのも良いかもしれませんね。

ABOUT ME
ahtapae
旅行会社員として東南アジアに6年在住/旅初心者向けの記事や業務効率化系の記事を書いています/趣味は写真撮影とクラウドファンディングで新製品と出会うこと。他者貢献をテーマにアナタに役立つ情報を届けていきます。