カンボジアに関して

【2018年】旅行会社員がオススメのカンボジア土産まとめ【決定版】

カンボジア_クロマー2

「カンボジアのお土産って何があるの?」
「会社や友人にお土産を買いたいけど、何を買ったら良いんだろう?」
ってお考えの方々に必見です。
アンコールワットで有名なカンボジアには、男性から女性まで喜ばれるような良いお土産がたくさん揃っています!
今回は、旅行会社員である僕がオススメする、人気お土産を各種紹介するだけでなく、購入できる場所までも教えちゃいます!
お土産の種類は大きく3つに分けたいと思います。
【カンボジア 食べ物・お菓子系】
カンボジア 雑貨・ファッション系】
【カンボジア コスメ系】
以下に、目次がありますので興味のある物からご覧ください!

【カンボジア 食べ物・お菓子系】

アンコールクッキー

angkor_cookies1 angkor_cookies2
(写真:公式サイトより)
言わずとしれたカンボジアの有名なお土産といえばアンコールクッキーです。会社や団体用のお土産に最適で、1番最小なのはSサイズの10個入りが$8で買うことが出来ます。アンコールクッキーの本店はアンコールワットに行く途中にありますが、空港でも売っているので、買いそびれたとしても大丈夫です。
アンコールクッキー_スーパーちなみに、スーパーマーケットでも安く似たような物をお買い求めいただけます。ただし、こちらは所謂パクリ商品なのでご注意ください。料金は15個入りが$4.75でした。味の方は、「まぁまぁ」という感じです。

料金:$8~/1つあたり
ショップ情報:Candy Angkor(キャンディーアンコール)
場所:https://goo.gl/maps/osLJi11ohhH2

キャンディーアンコール

candy_angkor1(写真:公式サイトより)
アンコールワットが描かれた可愛らしい金太郎飴を取り扱う「キャンディーアンコール」。日本人女性の飴細工職人さんの技術指導の元、現地の方々の手によって色とりどりの飴が作られています。代表的なのはアンコールワットの絵が書かれた金太郎飴ですが、なんとライチ味、マンゴー味、パイナップル味などなど、同じ絵柄でも色んなフレーバーが味わえます。パームシュガーを使った素朴な味の飴もお手頃価格(袋詰めタイプ$2~$3)で入手できます。

料金:$3~/1つあたり
ショップ情報:Candy Angkor(キャンディーアンコール)
場所:https://goo.gl/maps/YGDYFSetMQS2

ノムトムムーン

nomthongmuon
(写真:公式サイトより)
カンボジア伝統の焼き菓子です。(写真は24本入りのLサイズで$15です)特に「カンボジアティータイム」さんの商品は、より食べやすいように味や食感を洗練させているので、オススメです。空港でもお買い求めいただけます。本店は市内中心地からはちょっと離れているので、アクセスに便利なオールドマーケットのほうがオススメです。(2018年6月末でオールドマーケット店舗は閉店になりました。)

料金:$6~/1つあたり
ショップ情報:Cambodia Tea Time(カンボジアティータイム)
場所:https://goo.gl/maps/8S8naKPHNyx

【カンボジア 雑貨・ファッション系】

クロマー

カンボジア_クロマー1 カンボジア_クロマー2
ファッション系のカンボジア土産の大定番といえばクロマーです。カンボジア伝統の万能布で、カンボジア人は日よけやタオル、時にはバッグなどの様々な用途に使用しています。
私達、日本人が使用するとなると、写真の様にストール感覚で巻いてもらえればいいかと思います。基本的にはコットンで作られており、非常に丈夫です。また、汚れてしまっても洗って干せばすぐに綺麗になる手入れの簡単さも魅力です。
ローカル市場では$2~$5程度ですが、お土産物屋で売られている手織り製の丈夫なタイプは$15~$20、シルクで出来た高級クロマーは$100くらいします。シルクタイプの出来は素晴らしく精巧なので、是非一度はご覧いただくのをオススメします。

料金:$2~5/1つあたり
ショップ情報:オールドマーケットやナイトマーケットなど
場所:https://goo.gl/maps/7n82LjDPa522

イラストTシャツ

tシャツイラストTシャツも定番のお土産の1つです。アンコールワットやアプサラ、バイヨンなどが描かれたデザインは外国人人気が高いです。市場では$2~$3程度で買えますが、生地が薄く何回かあらうとダメになってしまう物もあります。お土産ショップなどのものは$10~$15前後ですが、布地がしっかりしていますし、デザインもオシャレなものが多いので、日本でも来てみたい人はショップのTシャツがオススメです。

料金:$2~/1つあたり
ショップ情報:オールドマーケットやナイトマーケットなど
場所:https://goo.gl/maps/7n82LjDPa522

かごバッグ/ポーチ

natural_value_かごバックnatural_value_ポーチ
 
 
 
 
NPO法人のGrove Jungleのプロジェクトの一環で作られているカゴバックとポーチもオススメです。東南アジア最大級の面積を誇るトンレサップ湖では、ヒヤシンス(水草)が大量発生し水害をもたらしています。そのヒヤシンスを乾燥させて3日かけて作られたカゴバックは、可愛らしい見た目ながらも、とても頑丈で暑い季節にぴったりなカジュアルバックとしてご使用いただけると思います。ポーチの方は、布部分を伝統布クロマーを使用し、水草を底に使用することで、可愛いだけでなくポーチが立ちやすく、使いやすいような工夫がされています。

料金:$18(ポーチ)/$35~(かごバック)/1つあたり
ショップ情報:Natural Value @ アンコールナイトマーケット
場所:https://goo.gl/maps/1K4C38DcFdG2

いぐさサンダル

susu_sandal_1
(写真:公式HPより)
男女兼用のお土産にオススメなのが「いぐさサンダル」です。とくに「SALA SUSU」のサンダルはクオリティが高く、履き心地も良いので是非履いて診てほしいところ。NPO法人「かものはしプロジェクト」から独立しているブランドで、カンボジアの子どもたちが売られないように、また女性の自立支援を目指して活動しています。

料金:$25~/1つあたり
ショップ情報:SALA SUSU @ The Lane店
場所:https://goo.gl/maps/ZSsfeKz6H9U2

ココナッツのお椀

ココナッツお椀ココナッツといえば東南アジアを代表する果物の1種ですが、そのココナッツから作られたお椀もお土産には最適です。1つ1つ丁寧に手作業で綺麗に実をくり抜き、ニスなどを塗ってコーティングをした後、漆や貝殻などを敷き詰めて接着させます。色とりどりのお椀はとても綺麗で、インテリアにはもちろん、ちょっとした小物入れにも使用できます。

料金:$2~$3/1つあたり
ショップ情報:オールドマーケットにあるショップ
場所:https://goo.gl/maps/v3bQJr6MNjK2

【カンボジア・コスメ系】

アロマオイル

アロマオイル山の多いカンボジアでは無農薬栽培で取れた天然ハーブが取れます。大自然で育つハーブは日本のものよりも香りが強い傾向にあるらしく、現地人も愛用しているみたいです。そんなハーブから作られるアロマオイルを10種類以上も用意して提供しているのが「Saboo Sabay」さん。アンコールナイトマーケットなどシェムリアップ市内にいくつかショップ展開と委託販売をされています。店員さんのオススメは「カフィアライム」。日本では「こぶみかん」と呼ばれており、東南アジアでは食用にも用いられます。リラックス効果が高く不眠症にも効果的なようです。

料金:$13~/1つあたり
ショップ情報:Saboo Sabay(サブ―サバイ)@アンコールナイトマーケット
場所:https://goo.gl/maps/1K4C38DcFdG2

石鹸

ハーブ石鹸
こちらも天然ハーブを使用した製品の1つ。オーガニック素材のため、肌によく洗顔だけでなく全身に使用できます。先述のSaboo Sabayさんにてお買い求めいただけます。昔からの伝統的な「コールドプロセス製法」で作られており、38度~40度前後の温度で時間をかけて石鹸化させるため、原料に含まれる美容成分がそのまま残ります。約2ヶ月かけて自然乾燥させることで熟成させるため、市販のハーブ石鹸とは一味違う贅沢な石鹸です。

料金:$0.5~/1つあたり
ショップ情報:Saboo Sabay(サブ―サバイ)@アンコールナイトマーケット
場所:https://goo.gl/maps/1K4C38DcFdG2

タイガーバーム

タイガーバームタイガーバームとは軟膏の1種で、主にアジア全体で使用されています。2015年までは日本でも入手が可能でしたが、販売が中止され現在はで入手不可能になっています。タイガーバームは大きく分けて赤と白の2種類あり、効能がそれぞれ異なります。

タイプ成分・特徴効能
赤タイガーバームシナモンが配合されている温感タイプ。塗ると血行促進効果でポカポカとあたたかくなっていきます。・筋肉痛・虫刺されのかゆみ・関節の痛みなど。
白タイガーバームミントが多く配合されている冷感タイプ。塗るとヒヤッとした感触から、次第にスーッと冷たくなっていきます。頭痛・お腹の張り・虫刺されのかゆみ・鼻づまりなど
料金:$4/1つあたり
ショップ情報:Natural Value @ アンコールナイトマーケット
場所:https://goo.gl/maps/1K4C38DcFdG2

まとめ

いかがでしたでしょうか。アンコールワット旅行に来たら買いたいお土産をまとめてみました。
どのアイテムも素敵で友人用だけでなく、自分用にもついつい買ってしまいたくなるアイテムばかりです!

ABOUT ME
ahtapae
旅行会社員として東南アジアに6年在住/旅初心者向けの記事や業務効率化系の記事を書いています/趣味は写真撮影とクラウドファンディングで新製品と出会うこと。他者貢献をテーマにアナタに役立つ情報を届けていきます。