一人旅

東南アジアで一人旅をするために必要な物(準備編)

travel_equipment

海外旅行と言っても、まずはどんなことから着手すればいいのかわからない人もいらっしゃると思います。
そこでまずは、一人旅をするためにというよりは“海外旅行”をするために必要な物をお伝えしようと思います。

パスポート(旅券)

passport
取得方法:最寄りのビザ申請場所に訪ねて、所定の金額を納める。
取得に要する時間:1週間~10日間(窓口によって異なります。)
海外に行くためにまず最初に取得しなければならないもの。それがパスポート(旅券)です。
まずパスポートがどいう物かと言うと。

パスポート: passeport => : passport)または旅券(りょけん)とは、政府ないしそれに相当する公的機関交付し、国外に渡航する者に、国籍及びその他身分に関する事項に証明を与え、外国官庁保護依頼する公文書。(出典:wikipedia)
・・・パスポートをもっていなければ、世界のどの国にも入国できません。もちろん、日本を出国することもできません。海外に出かける人は、年齢にかかわらず、誰でもパスポートを取得してください。(お子さんを併記する制度は、平成7年に廃止されました。)・・(出典:東京都生活文化局)

とまぁ、海外で「身分を証明するための物」と認識していただければ間違いないです。
パスポートの取得に関しては、外務省のホームページより最寄りの申請場所を探していただくのが一番早いです。
パスポートは大きく2つに分けられます。
10年間有効な旅券(20歳以上の方が取得可能)16,000円(※収入印紙代2000円込み)
5年間有効な旅券(12歳以上の方が取得可能)11,000円(※収入印紙代2000円込み)
この2種類が存在します。未成年で取得しようとしている方は5年間有効な方でしか取得が出来ないので要注意です。
[blogcard url=”http://www.mofa.go.jp/mofaj/toko/passport/pass_6.html”]

ビザ(査証)

visa
取得方法:渡航先の在日大使館を訪ねる。または代理手配を旅行会社に依頼する
取得に要する時間:即日〜1ヶ月など
渡航先によって求められるのがビザ(査証)です。ビザとは、自国民以外が入国する際に渡航先の国によって認められる許可書です。日本人国籍のパスポートだと、比較的多くの国でビザ免除がされておりますが、東南アジアではいくつかの国は入国に際しビザが必要となります。
【東南アジアでビザが必要な国々】
カンボジア、インドネシア、ミャンマー
 
【東南アジアでビザが必要ない国々】
タイ、ラオス、ベトナム、マレーシア、シンガポール、フィリピン
 

航空券

flight_airport
取得方法:インターネットや旅行代理店
取得に要する時間:30分~1時間
パスポート、ビザについで大切なものが航空券です。昔は旅行代理店などに頼むのが一般的でしたが、インターネットが発達し、充実してている現在、航空券を予約できるサービスサイトは数多く存在します。航空会社のホームページから直接予約することも出来ますが、ポイントなどがつくブッキングサイトからの方が良かったりもするので、そのあたりは予約確定をする前に比較検討しましょう。

ホテル

hotel_bed
取得方法:インターネットや旅行代理店
取得に要する時間:30分~1時間
航空券を予約したら次は観光の拠点となる宿の手配をしましょう。
航空券と同じく、色んなホテルを比較検討できるブッキングサイトを利用するのが便利です。
ホテルを予約する際の注意点としては、
・立地:市内や空港からのアクセスが良いのか。アクセスが悪いと移動に時間と費用がかかるため。
・設備:お湯(ホットシャワー)が出るのか、クーラーはついているのか、WiFiはついているのかなど。
・レビュー:実際に宿泊したお客さんの意見を見ることで、ギャップを埋める事ができる。悪いレビューも良いレビューもしっかりと確認。
この3点を重視しておくと良いです。
 

海外旅行保険

海外旅行保険
取得方法:インターネットまたは電話、空港での申込み
取得に要する時間:1時間~1日程度
旅先での体調不良、貴重品などの紛失時に必ず取っておいた方が良いのが「海外旅行保険」です。
クレジットカードを持っている人は、カード付帯保険に加入されている場合があるのであえて取らないという人もいますが、保証額が不十分だったり、航空券などの発券の際にクレジットカードを使っていないと保険が適応されない場合などもあるので、多少お金がかかっても加入しておくことをオススメします。
海外旅行保険はインターネットで加入できる他、日本を出国する際に空港で加入することも出来ます。保証内容や保険会社によって料金が異なるので、比較して自分にあった保険に加入するのが良いでしょう。比較サイトが参考になります。
 

まとめ

 

ABOUT ME
ahtapae
旅行会社員として東南アジアに6年在住/旅初心者向けの記事や業務効率化系の記事を書いています/趣味は写真撮影とクラウドファンディングで新製品と出会うこと。他者貢献をテーマにアナタに役立つ情報を届けていきます。
一人旅

東南アジアで一人旅をするために必要な物(準備編)

travel_equipment

海外旅行と言っても、まずはどんなことから着手すればいいのかわからない人もいらっしゃると思います。
そこでまずは、一人旅をするためにというよりは“海外旅行”をするために必要な物をお伝えしようと思います。

パスポート(旅券)

passport
取得方法:最寄りのビザ申請場所に訪ねて、所定の金額を納める。
取得に要する時間:1週間~10日間(窓口によって異なります。)
海外に行くためにまず最初に取得しなければならないもの。それがパスポート(旅券)です。
まずパスポートがどいう物かと言うと。

パスポート: passeport => : passport)または旅券(りょけん)とは、政府ないしそれに相当する公的機関交付し、国外に渡航する者に、国籍及びその他身分に関する事項に証明を与え、外国官庁保護依頼する公文書。(出典:wikipedia)
・・・パスポートをもっていなければ、世界のどの国にも入国できません。もちろん、日本を出国することもできません。海外に出かける人は、年齢にかかわらず、誰でもパスポートを取得してください。(お子さんを併記する制度は、平成7年に廃止されました。)・・(出典:東京都生活文化局)

とまぁ、海外で「身分を証明するための物」と認識していただければ間違いないです。
パスポートの取得に関しては、外務省のホームページより最寄りの申請場所を探していただくのが一番早いです。
パスポートは大きく2つに分けられます。
10年間有効な旅券(20歳以上の方が取得可能)16,000円(※収入印紙代2000円込み)
5年間有効な旅券(12歳以上の方が取得可能)11,000円(※収入印紙代2000円込み)
この2種類が存在します。未成年で取得しようとしている方は5年間有効な方でしか取得が出来ないので要注意です。
[blogcard url=”http://www.mofa.go.jp/mofaj/toko/passport/pass_6.html”]

ビザ(査証)

visa
取得方法:渡航先の在日大使館を訪ねる。または代理手配を旅行会社に依頼する
取得に要する時間:即日〜1ヶ月など
渡航先によって求められるのがビザ(査証)です。ビザとは、自国民以外が入国する際に渡航先の国によって認められる許可書です。日本人国籍のパスポートだと、比較的多くの国でビザ免除がされておりますが、東南アジアではいくつかの国は入国に際しビザが必要となります。
【東南アジアでビザが必要な国々】
カンボジア、インドネシア、ミャンマー
 
【東南アジアでビザが必要ない国々】
タイ、ラオス、ベトナム、マレーシア、シンガポール、フィリピン
 

航空券

flight_airport
取得方法:インターネットや旅行代理店
取得に要する時間:30分~1時間
パスポート、ビザについで大切なものが航空券です。昔は旅行代理店などに頼むのが一般的でしたが、インターネットが発達し、充実してている現在、航空券を予約できるサービスサイトは数多く存在します。航空会社のホームページから直接予約することも出来ますが、ポイントなどがつくブッキングサイトからの方が良かったりもするので、そのあたりは予約確定をする前に比較検討しましょう。

ホテル

hotel_bed
取得方法:インターネットや旅行代理店
取得に要する時間:30分~1時間
航空券を予約したら次は観光の拠点となる宿の手配をしましょう。
航空券と同じく、色んなホテルを比較検討できるブッキングサイトを利用するのが便利です。
ホテルを予約する際の注意点としては、
・立地:市内や空港からのアクセスが良いのか。アクセスが悪いと移動に時間と費用がかかるため。
・設備:お湯(ホットシャワー)が出るのか、クーラーはついているのか、WiFiはついているのかなど。
・レビュー:実際に宿泊したお客さんの意見を見ることで、ギャップを埋める事ができる。悪いレビューも良いレビューもしっかりと確認。
この3点を重視しておくと良いです。
 

海外旅行保険

海外旅行保険
取得方法:インターネットまたは電話、空港での申込み
取得に要する時間:1時間~1日程度
旅先での体調不良、貴重品などの紛失時に必ず取っておいた方が良いのが「海外旅行保険」です。
クレジットカードを持っている人は、カード付帯保険に加入されている場合があるのであえて取らないという人もいますが、保証額が不十分だったり、航空券などの発券の際にクレジットカードを使っていないと保険が適応されない場合などもあるので、多少お金がかかっても加入しておくことをオススメします。
海外旅行保険はインターネットで加入できる他、日本を出国する際に空港で加入することも出来ます。保証内容や保険会社によって料金が異なるので、比較して自分にあった保険に加入するのが良いでしょう。比較サイトが参考になります。
 

まとめ

 

ABOUT ME
ahtapae
旅行会社員として東南アジアに6年在住/旅初心者向けの記事や業務効率化系の記事を書いています/趣味は写真撮影とクラウドファンディングで新製品と出会うこと。他者貢献をテーマにアナタに役立つ情報を届けていきます。